世の先頭を走るための修行場

~見えるキャリアを創る~
プログラムについてこれから学びたい方
初心者の方、大歓迎です!!

MPS (Morning Project Samurai) は、
メンバー一人一人が「主体的」に「世の中の役に立つソフトウェア開発プロジェクト」を提案し、
「リーダーとなる機会を持つことのできる環境」を作ります。

次回予告 組織概要
活動ガイド メンバー紹介
プロジェクト 活動記録
English 女子ページ

第十七回ミーティング(2014年12月6日)

参加者: 金子、林、まさきさん、山崎さん、はるかさん、添野さん、とみさん

今回は、添野さんと、はるかさんが新たに参加してくださいました!ありがとうございました!
また、山崎さんが、お昼から用事がある中午前に参加してくださり、プログラミング初心者の方々のフォローをしてくださいました。山崎さん、本当にありがとうございました!
午前は、予定どおり「Python で Youtube の動画リストを作ろう!第1回」を行いました。この企画は全2回の予定で、
プログラミングの基礎知識の習得と実践的技術を同時に身につけることを目標にしたものです。

第1回では、ソフトウェアやアプリケーション、オブジェクトといった基本的な用語の定義から始まり、
実際にインターネットを用いてプログラム作成に必要な情報を検索しながら Youtube の動画を Python プログラムから検索して、その結果を表示する、というところまでを行いました。

使用した発表資料はこちらです。是非ご覧下さい。
プログラムを作る作業は、「まさきさん、はるかさんチーム」、「添野さん、とみさん、林チーム」に分かれて行いました。
途中、山崎さんがくださり、「添野さん、とみさん、林、山崎さんチーム」になりました。
毎回参加して下さっているまさきさんは、ご自身でもルビーの本を読むなど積極的に勉強しておられ、プログラミングにもだんだんと慣れてこられたようで、余裕で課題をクリアしていました。
この調子で、どんどんプログラム組めるようになりましょう!まさきさんは、アイデア力が半端ないので、プログラミング力がつけば最強です。

また、プログラマのはるかさんも、Python は勉強し始めたばかりだということでしたが、余裕で課題をクリアしていました。さすがです!金子は今度 C# を教えていただきたいです!
コンピュータを会社では使うけれども自宅では使わないという添野さんは、いきなりプログラミングの話を聞かされてかなり難しかったと思いますが、
山崎さんにとても一生懸命質問している姿をみて(山崎さんフォローありがとうございます!)、金子は感動しました。メキメキできるようになっていくだろうな、という予感を感じました。
とみさんも、だんだんとプログラムについての知識がついてきたようで、添野さんに説明を試みる場面も見られました。
とみさんは、勘が鋭く生産性がすごいので、理屈についてもっと理解を深めれば、さらにぐんと伸びると思います!

山崎さんと添野さんが午後からお仕事だということで、午前中でお別れし、午後は、金子、林、まさきさん、はるかさん、とみさん、の5人で活動しました。
議題は、もっとインタラクティブな名刺を作ろうプロジェクトについて、でした。このプロジェクトは、まさきさんの「MPS の名刺作ろうよ!」というご提案から始まったものです(まさきさん、いつもご提案ありがとうございます!)。
まずは名刺に応用可能でなにかインパクトのある技術を知らないとね、と話していたところ、はるかさんの 「AR (augmented reality, 拡張現実) とかどう?」という提案(はるかさん、ありがとうございます!)に一同「いいね!」となりました。
「まずは AR を使えるようにならないと!」というわけで、サーバーの環境をセットアップしたり、みんなでサンプルを動かしたり、サンプルコードを見たりしているうちに、いつの間にやら 20時に。
「お腹すいた!!!」ということで、作業を終了し、みんなで会場近くのお好み焼き屋さんへ行きました。
MPSを初めてもうすぐ半年になりますが、まだ一度もみんなで飲みをやったことがなかったので、とてもいい機会になりました。お好み焼き、美味しかったっす!また行きましょう!

今回も、皆さんのおかげでとても有意義な土曜日となりました!
本当にありがとうございました!これからも、宜しくお願いします!

MPS では、いつでも新メンバー大歓迎です!是非 join(at_mark)mpsamurai.org にご連絡ください!

inserted by FC2 system